ふくろう堂について

ふくろう堂とは?

調布市、京王多摩川駅すぐにある、

「おうちのミシンで縫える本格バッグ」がコンセプトのバッグに特化したソーイングスクールです。

ママ製本家としても活動しており、製本レッスンも開いています。→講師プロフィールはこちらから


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なぜバッグと製本?

ふくろう堂オープン以来、よく生徒さんから「なんでバッグと製本なんですか?」と聞かれます。確かに疑問に思う方もいらっしゃるかと思いますが、実はこの二つ、結構似ているところがあるのです。


ちょっとその前に簡単に私の経歴をお伝えします。

私は高校卒業後、文化服装学院のバッグデザイン科でバッグソーイングやレザークラフト、その他ファッショングッズに関わること(シューズ、アクセサリー、テキスタイル、帽子など)を学び、その後バッグデザイナーとして自社ブランドのあるバッグの会社に2年ほど勤務しました。

熟練のバッグ職人さんとのやり取りの中で、今までの「作りたいものを作る!」という学生作品とは違い、「ユーザーのことを考えたものづくり」の数々を教えてもらいました。


バッグデザイナーとしての経験を積む一方、海外生活や語学に興味も強かった二十代。海外旅行大好き、中国語にも興味があり、仕事をしながら独学で勉強。「二十代のうちに何か一つ語学を身につけたいし、海外に住んでみたい!」と勢いのまま会社を退職し、単身台湾に渡り、中国語を習得。台北に2年ほど住んでいました。


(学生時代の作品⬇︎。奇跡的に写真が残っていたもの。)

日本に戻ってきてからは、中国語通訳としてジュエリーやアパレル販売員を数社経験しながら、休みの日はオーダーバッグの制作に勤しむ毎日。

ある程度バッグ制作も落ち着いてきた頃、バッグ以外で手を動かして作る「何か他の技術」(ざっくりですみません)を習得しようと、製本の体験教室に行ってみたところ、これが楽しくて、楽しくて。

(実は製本の前に、彫金体験もしたのですが、これは向いてなかった。。。)


やってみて分かったのですが、

実はバッグの型紙の取り方や、レザークラフトで使う技術は、製本制作と近いものが多いのです。

例えば、左右対称にとるバッグの型紙のひき方は、製本の紙の切り出し方にそのまま応用できます。レザークラフトの知識やノウハウは、革装丁の本作りに応用できます。

糸と針を使うのは、バッグや洋裁だけではなく、製本も同じ。(糸綴じ本ですね。)


かくいう私も製本習いたてのころは、「あ、これバッグ作りと似てるな」と思うことが多く、ワクワクしながら作っていました。

バッグ作りと同様に製本にのめり込み、知人、友人からの制作依頼(結婚式芳名帳や仕事用ノートなど)を受けながら製本に没頭。そうするうちに、噂が噂を呼び(?)都内各所で製本ワークショップを開くようになりました。

「なるほど!こんなふうに一冊の本ができるんだ」という受講者さんたちの反応もまた嬉しい。

できた作品はどれも個性が溢れていて、「教えること」の楽しさにハマっていったのもこの頃です。

そんな中で突然のコロナ禍。

さらに自身の生活では、結婚。その後妊娠。緊急事態宣言下で、男の子を出産しました。

出産後は販売員を続けながら、バッグ制作や製本に取り組むぞと意気込んでいましたが、もう子育ては大変大変な毎日。日々の子供の成長は嬉しいですが、想像以上に過酷な生活でした。


そんな生活で体も心も壊した私は、出産を機に働き方を改めて考える必要がありました。

できることといえば、バッグと製本。

自分だけのオリジナルバッグを一から作れることの喜び。

一冊の本が自分の手で出来上がっていくことのワクワク。

この作る楽しさを教えられないだろうか。


そんな思いから一念発起。

2022年10月「バッグと製本教室 ふくろう堂」が誕生しました。

「ふくろう堂」の由来は

バッグが俗に「ふくろもの」と呼ばれること。

数字に置き換えたときに「296(フクロー)」とも「296(作ろう)」とも読めること。

「296(フクロー)」の中に「29(ブック)」が含まれていること。(やや無理矢理)

ふくろうが縁起のいい動物だったこと。

などいろんな意味が含まれています。


バッグ作りや製本に興味がある方や、育児に追われて時間のないママさんが、

手作り体験を通して、ホッと息抜きができるような教室にしていきたいと思っています。